片思い、復縁、パートナーシップがうまくいかない人 / 9月10月のクラスのご案内

ご無沙汰してます!最近ちょっと占い系の仕事で忙しくしてます。

ちなみに占いとエネルギーワークは似ているようで全然違います。

一般的に占いが好きな人は思考の世界にいます。目にみえないもの、スピリチュアルに興味がある人も同様です。感性をつかって生きているアーティストの人でさえ殆どの人は思考の世界にいます。思考と直感の違いは感受性ではなく感情問題の違いだからです。

占いの世界では「この彼とうまくいきますか?将来どうですか?ダメそうなら次の人はいつ現れますか?」というようなご相談がすごく多いのですが、エネルギーでみると、こういう人は絶対にパートナーシップがうまくいかないです。

自分の発したものが、そのまま自分に返ってくるのですから。

ダメそうなら次にいく、と考える人は相手からも「ダメそうなら次にいけばいいや。」という程度の軽い扱いをされます。

こういう人は本当に相手が好きなのではなく愛される自分が好きなだけです。すごく自分本位です。だから自分本位な人を引き寄せるor 最初は愛で接していた人も自分本位になっていくor 相手の愛を相手のエゴだと誤解してしまうなど、様々な障害を自らつくってしまいます。

逆の立場で考えて、もし自分とお別れした相手が「さ〜次、次!」とあっさり他の人を探しにいったら「え…私って何だったの?その程度の好きだったの?」と思いませんか?

※本当はすごく思いがあって、つらさのあまり表面的に「次!」と明るく振る舞っているなら話は別です。そういう人も多いと思います。

いずれにしても自分の感情を蔑ろにせず、ちゃんと感じきることがすべて。これが出来ない人はいつまでも同じところをぐるぐるして「今度こそ」「やっぱりダメだった。」の繰り返しです。

そしてもう一つ。恋愛に限らずお金などにも言えることですが、思考の人は本質ではなく表面的なかたちに惑わされます。

付き合えるか、長く続くか、結婚できるか、復縁できるか、、、思考の人は「何かを得られるかも…」という状況に簡単に翻弄されて自分を見失います。

思考になる、浮遊するということは感じたくない感情があるから。感じたくない感情=感情問題。感情問題とは愛の欠如ですから、欠如を埋めたい→何かを得られるかもという状況に飛びつくのです。

でも。本当に重要なのはエネルギーです。かたちが整って何かを得られたように感じても感情問題があるかぎり欠如は消えないので元に戻ります。幸せ!と思っても、だんだんまた何かが足りなくなります。

例えば復縁したい人は復縁のために頑張るのではなく、その自分の感情にある学びを学びきること。失恋して前に進めずにいる人は、無理に忘れようとするのではなく今の自分の感情を感じ尽くすこと。

今の学びから逃げないこと、一つ一つちゃんと向き合っていくことです。これが出来ないと前に進めませんし本来の幸せを感じることはできません。


【お知らせ】

9月・10月の上級者クラスの申込は8月20日(金)に〆切ます。レベル7まで受講された方、または過去に上級者クラスに参加されたことがある方が対象です。

9月はレベル1クラス、体験クラス、カードリーディングのクラスも開催します。ご興味のある方はこちらからご連絡くださいませ。