相手のエネルギーを見ていても自分のエネルギーは変わりません。

ひさしぶりに電車に乗ってinburgering(オランダ市民化テスト)を受けてきました。今週もう一科目受けます。

最近「かたちだけ整えてもどうにもならないよ。」とよく思います。基本の基本ではありますが、表面だけ変えてもエネルギーが変わらなければ何も変わりません。かたちを整えること=現実を整えることと誤解している人が本当に多いです。

よくクラスで「自分にはこういう課題があるから気をつけている」という人がいます。

自分の課題に気づいていないよりはいいですが、気をつけているだけではエネルギーは変わりません。気をつけなければならないこと、その課題があることが問題なのです。その課題を持っているかぎり、どんなに気をつけても現実でそれを学ぶことになります。

エネルギーは誤魔化せません。気合いと根性では太刀打ちできません。同じパターンを繰り返したくないのならエネルギーそのものを無くさなくてはいけないし、そのためには気をつけるのではなく学ばなくてはならないのです。

「この人に会うとモヤモヤして軸がブレる。もう会わないようにしよう。」と思って物理的に離れたら、一時的にはすごく効果があります。でも、そこで「あ〜よかった。もうああいう人とは関わりたくない。」など、相手にベクトルを向けて終わらせると何も学べません。かたちを変えて同じ課題がやってきます。

もちろん相手にも問題はあります。ですがそれは相手が学ぶことで、こちらが取り組むことではありません。

成長のために必要なのは「なぜモヤモヤしたのか?なぜ軸がブレたのか?なぜ私はこういう現実をつくったのか?」と自分にベクトルを向けて物事をみることであり、そこから学ぶことです。過去にも何度も同じ感情を味わっているはずです。モヤモヤや軸のブレの原因は必ず自分にあります。

よく、相手がxxしてくれない、相手がxxしてくる、だから困っている。という人がいます。こういうときも見るべきは自分のエネルギーです。なぜ自分はそう感じるのか。相手のエネルギーを見ていても自分のエネルギーは変わりません。


開催予定:

上級者クラス   6月11日(金)13日(日)

レベル1クラス 5月25日(火)

レベル6クラス 5月27日(木) 5月31(月)

個別セッションプラクティショナー養成クラス 5月30日(日)

※クラスはリクエスト開催です。残席があるクラスのみこちらで告知しています。

エネルギーワークのクラス・セッションにご興味のある方はこちらからお問い合わせくださいませ。