魂の年齢 / 地球に生まれてきた理由

今日は魂の年齢について書きます。エネルギーの基礎を学ぶクラスでお伝えしている内容です。

 

「いかにもヤングソウル!」という感じの友人がいます。こどものように無邪気にいろんなことに感動して、素直で、好奇心旺盛。でも臆病なところもある。フットワークが軽い。打たれ弱い。貫禄があるとか、頼りになるタイプではない。ヤングソウルの人の傾向は大体こんな感じです。

 

魂の年齢は前世の回数で決まります。エネルギーワークでは、前世の回数が少ない若い魂をヤングソウル、回数が多い古い魂をオールドソウル、地球以外の出身の魂をオールドヤングというくくりでみます。

私達の年齢を変えることができないように、魂の年齢を変えることはできません。どの魂が優れている云々ということもありません。それぞれの傾向や特徴があり、得手不得手があります。自分やまわりの人の魂年齢を知ることで、より深く自分や他人を理解することができると思います。

 

エネルギーの勉強をしていなくても、私達はお互いの魂の年齢をなんとなく感じています。「この人は年下なのに、なぜか敬語をつかってしまう」とか、「すごく年上の人なのに、かわいく思えてしまう」とか、「学生の頃に宇宙人と言われてからかわれた。」とか。

 

ヤングソウルの人は、客観的にみたら恵まれている環境で育っている人が多いです。ですが打たれ弱いので、本人は大変だと感じていることもあります。長期的な視点で物事を考えたり、コツコツ努力したりすることは苦手です。忍耐強さはありません。純粋なので、教わったことをぐんぐん吸収して才能や能力が伸びることもありますが、興味のないことに関しては飲み込みが悪かったり不器用だったりします。「他の人が簡単にできることが自分にはできない・・・」と人生の早い段階で劣等感をもつ人もいるようです。

 

オールドソウルの人は、ヤングソウルの人と対照的です。忍耐強く、コツコツ努力することが得意です。赤ちゃんやこどもの頃から妙に落ちついていて物静かだったり、ヤングソウルの人が動揺するような場面でも肝が据わっていたりします。ライブやパーティーなどでハメを外して盛り上がることは少なく、常に冷静な自分がいます。論理的に物事を考えることが得意ですが、理屈っぽかったり、柔軟性に欠ける傾向があります。決まりを守ることが好きで、変化を好みません。突拍子もない行動や言動は、まずしません。

 

ヤングソウルの人はオールドソウルの威厳や落ちつきに憧れたり、オールドソウルの人はヤングソウルの天真爛漫な自由さを羨ましく思ったりするようです。ないものねだりですね。ですが先に書いたように年齢は努力しても変えられないものです。ありのままを理解して受け入れるのが一番いいです。

 

オールドヤングの人は、地球ではない別の次元から来ている人です。ヤングソウルとオールドソウルの性質をあわせもっていますが、オールドソウル特有の独特さがあります。周囲とうまく合わせることができる人もいますが、まわりと馴染むことはありません。一人の時間が絶対に必要で、自分の世界観をもっています。不思議な人だと思われがちです。過酷な家庭環境で育つ人が多く、前世退行をすると「地球でこれをやりたい。」「ずっと前から地球に憧れていた。」など、明確な目標をもって生まれている人ばかりです。多少の困難にもめげない、芯の強い人が多いように思います。

 

前世退行セッションで、オールドヤングの人に地球を選んだ理由をきいたら「地球って本当にきれいだから。人々の感情がこんなに豊かな星は他にない。感情を学びたくて地球を選んだ。」と言われたことがあります。彼女が遠くからみていた地球のうつくしさを私も一緒に感じて、とても感動しました。

人の感情は、この地球で最も強い力をもつエネルギーです。そのエネルギーをどう使うかは自分次第。自分のエネルギーを整えることは、自分だけでなく周囲にもポジティブな影響をもたらします。